アイフルの移送申立の申告

アイフルの過払い金の請求の裁判を起こした時に、アイフルが頻繁に移送申立てを裁判所に申請していました。
移送申立てとは、裁判所を移送する申請の事です。
例えば、被告が東京、原告が大阪にいる裁判があったとします。
基本的には、原告側の住んでいる東京の裁判所で裁判は行われます。
ただし、裁判の進行上、明らかに都合が悪い場合には、被告側は裁判の内容を、別の裁判所に引き継ぐことを申請する権利があります。
例えば原告側が全国展開の企業であり、被告の住んでいる場所が東京だった場合、大阪で裁判を行うと交通費も移動時間も確保が大変です。
正当な理由と認められれば、裁判所は移送申立てを受理し、東京の裁判所へ裁判を引き継ぐことになります。
アイフルの場合は、有人店舗数が激減したため、本社のある京都で裁判を行うよう申請をするのですが、原告側の移動の負担が大きくなるので、採用されることは基本的にありませんでした。
アイフル審査落ちた