FX分析に使えるストキャスティクスとは?

FXで活用できるオシレーター系の指標といえば、RSIを思い出す人も多いでしょう。
そんなRSIの他にも、使えるオシレーター系指標があります。
ストキャスティクスもオシレーター系指標になるので、FX取引に取り入れて活用してみてはいかがでしょうか。
視覚的にもストキャスティクスは、RSIと似ています。
しかし、ストキャスティクスには2本のラインが存在しているので、注意するようにしましょう。
ストキャスティクスとは推移という意味であり、売られ過ぎと買われ過ぎを見極める役目があります。
その日の終値が一定期間の最も安い値から見て、どのような位置になっているのかを見ることができる指標になっています。
FX取引で利益を確保していくためには、相場の上昇に伴って買い、下落に伴って売るというトレンドに合わせたポジションを取る順張りが有効です。
そして順張り以外の方法として、逆張りという方法もあります。
逆張りは、高値で売り、底値で買うという、相場の転換時期にポジションをとる方法です。
逆張りはFX経験者に人気の方法です。
逆張りには、ストキャスティクスが便利なので、ぜひ利用してみましょう。
ストキャスティクスでは、70%を超えると買われ過ぎと判断します。
また、30%以下の場合は、売られ過ぎと判断するようにしてください。
ストキャスティクスでは、%Kと%D、SDの3本線を使って判断します。
短期、中期、長期の線を用いて位置を示すので、しっかり確認してFX売買を行うようにしましょう。
FXストキャスティク
http://fx-matome.rdy.jp/